笠間焼

アイス椀

銘々皿(四角)

楕円

抹茶碗

銘々皿(丸)

日光鹿革

鹿の活動


 

sisiで事業を計画した背景、目的

近年、山林で鹿の個体数が増え、木の皮や苗木、高山植物などを食害する他、

農作物を食い荒らす被害が後を絶たない。

そうした中、環境保全のために捕獲される鹿(年間捕獲される鹿は2000頭に及ぶ。)を資源として捉え、社会全体で共有する。


sika’s activity

The population of sika deer has kept growing in recent years, and there has been severe damages to tree bark, seedlings, alpine plants by those animals.

We see the captured sika deers for environmental protection as resources and share this issue in the society

私は山で鹿たちと共存し続ける 霧が濃い朝、凛とした空気が身体に染みる。
 目をこらして望めば そこに鹿はいる。四季を間近で感じる。春は穏やかで色合いも明るく心弾む衣替えの始まり、夏が見える頃 新たな命の誕生 秋には色鮮やかな日光の山々で冬仕度を始め、ドット柄だった衣も消える頃 小さな仔鹿も大きくなり、雄鹿達が競って鳴き声を上げる冬がやってくる。
そんな日々が愛おしい


I share environment with them and live together. You barely see deers in a foggy morning and surroundings are dignified. Sense the nature closely. The weather is breezy, and coat is no longer needed in spring. Summer,time of new lives. Autumn leaves in Nikko let you start preparing. The dot is gone and deers are grown. Time for winter means their singing competition starts. Those days are just beloved ones.